CTの進化は心臓病の診断領域で最も大きな変革として現れます。

多くの方がカテーテルを使った冠動脈造影検査を受けずに、東芝320列ADCTによって高率にかつ精度高く狭心症、心筋梗塞の有無を診断できるようになりました。

こう変わる1

心臓CTの診断精度が向上しました

64列MDCTでは寄せ木細工のように画像を統合して心臓を描出していましたが、東芝320列ADCTでは撮影範囲が広いために心臓全体を0.35秒で撮影する事ができ、高い精度の画像が得られます。


こう変わる2

心臓CTで診断可能な患者の率が高くなりました

64列MDCTでは約20%の方が不十分な検査結果となり、追加の検査を必要としましたが、東芝320列ADCTではその頻度を5%程度に低下させると考えられています。(仙台厚生病院心臓血管センターのデータより)


こう変わる3

高齢の方でも負担が少なく検査を受けられます

CTの検査では良好な画像を得るために「息止め」が必要です。

  • 16列MDCTでは約30秒
  • 64列MDCTでは約15秒
  • 東芝320列ADCTでは約1秒

息止めは、高齢の方、呼吸器疾患を合併している方、緊張しやすい方などでは、難しい場合がありますが、1-2秒程度ならどなたでも可能でありましょう。


こう変わる4

狭心症、心筋梗塞診断のために検査に掛かる医療費の負担が軽くなります。

検査費用はカテーテルを使った冠動脈造影検査の場合の1/5〜1/10になります。また、64列MDCTでも、高性能東芝320列ADCTであっても健康保険による検査費用は同じです。


従来の心臓検査との違い


ページの先頭へ戻る

Copyright © みやぎ東部循環器 All Rights Reserved.